香港に母来る

1週間ほど、母親が香港に遊びにきていました。(母の日のプレゼントで招待しました)

 

二人で飲茶めぐりしたり、海辺で大雨眺めながらカフェしたり、ウィンドーショッピングしたり、私の普段の仕事が見たいというので客先に連れて行ったり (実際商談に同席するのではなく、客先店舗まで同行)しました。

 

第二の人生をこれから楽しみたい、、と言っているので、私の露出度の高めドレスを片っ端から着せてファッションショーをしたり、自己啓発本を一緒に読書したりも。

 

 

母の日に

 

「あんなにちいちゃかった貴方が会社経営したり、香港に呼んでくれたり、お母さんのブラジャーのひも調節してバストアップ術教えてくれるんだから、全くたまげちゃうわ。」

 

といっていました。

 

 

たまげちゃいますかね。

 

後、今年のやることリストのひとつでもある、、インターネットも使い方も教えてあげました。

 

 

 

 

世代が違うと、本当に、IPadのスイッチの入れ方から教えないといけないのが驚きでした。
(母親世代は、「スイッチは裏側の平面についているもの」「スイッチはもっともっと大きいはず」と思っているようです。  言わないと、ずっと後ろ面をなでてボタンを探している。)

 

 

結構難しいですね、全く免疫のない人にテクノロジー教えるの。

 

 

とにかく、全てを一から(むしろゼロから)説明しないといけない、、ということを痛感しました。

 


「インターネットってね、無限の世界に無数の情報が網のように張り巡らされているんだよ。 で、好きな情報を異次元から取り出せるんだよ。ドラえもんのポケットみたいに。 」

 

というストーリーからはじめることになります。

 

 

色々解説しながら、うっかり

 

 

「このページ、ブックマークして後でアクセスしたかったら、、」

 

といってしまうと、

 

「あくせす、、ぶっくま、、、、?」

 

と、通じません。

(母親は海外に長年住んでいたのですが、意外とこういう外来語をあまり認識してくれませんでした)

 

 

「コピペ」「ダウンロード」「アプリ」もわからない。(おそらく携帯でも、基本機能以外使ったことがない。)

 

 

あと衝撃的なのは、

画面のタブなんかにある「+」(追加)と「X」(消す)の違いが驚くほど、識別できていない。  (、、こんな重症はうちの母だけかもしれませんが)

 

 

私は、自分が思っているより遥かに、説明力に改善の余地があることを自覚し、
自分のコミュニケーション能力を根本的に考え直させるいい機会でした。

 

ちなみに「ブログ」もなんなのかは、よくわかってなく。
色々と説明したはずなのに、後で

 

 

「さっきのお母さんの話、面白いからブログに書いていい?」

 

というと

 

「うんいいよ! でも、誰にも言っちゃ駄目だよ。

 

って。

 

 

奥さん、あのね、、、

 

 

日本に帰って、習ったことを少しでもいいから覚えてくれていますように、、と願うばかりです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中