イタリア人のランジェリーとアウターの曖昧すぎる境界線。

イタリアに来ています。

来るたびに楽しみにしてるのが、ランジェリーの大人買い。


香港や日本で売ってるのはフリフリしてたりリボンがたくさんついてて趣味じゃなかったり、もしくはサイズが合わなかったりすることが多いので欧米に渡航する際に補充するのが好き。
イタリアのお気に入りはintimissimi(インティミッシミ)というブランド。

香港にも支店があるけど、現地の方が割安でライナップが豊富。

で、今回の旅で改めて気になったことがあって。

一体、こういう↓ランジェリーはいつ誰がどういう状況で着るものなのか?っていう疑問。
こういう、、。

 

https://www.instagram.com/p/BauDAjflorN/?taken-by=intimissimiofficial

 
このような。

肌着? 暖かいのだろうかこれは。

長袖を着て、フチからレースをあえて見せてチラリズムとかそういうコンセプト?

 

 

 

あと、こういうの。

これは、着て外を出歩かない前提の単なるベッドルームのコスプレ用ランジェリーなのか?

そうじゃないとしたら、

この下着のラインに会う服って、何? タートルネックのセーター以外の服だったら、首のレースが見えるよね。。

 

袖からレースが見えるのは服のデザインだとか、そういう(下着ではない、服という区分の)インナーだということにできるけど。首から胸元にかけて見えるこのスケスケはどういう弁解が、、

 

コスプレならそれらしく、それっぽい専用のお店、もしくは同じ店内でもコスプレ売り場に置いてあっていいものだと思うけど、本当に普通のメジャーな下着屋のショーウィンドウでマネキンがあっけらかんと着てるんで、謎が深まるばかり。

 

 

一人で悶々としててもわからなかったので、上記のジレンマを丸ごとイタリアの叔母さんにぶつけて聞いてみました。

 

 

大爆笑されたのち、得られた回答は以下の通り。

 

 


「これはコスチュームじゃなくってね。”ボディ”というものだよ。

で、イタリア人にとってこれは普通の下着より露出度が低いから、セクシー度は低めって感じだね。 

あと、半・洋服感覚でチラ見せもできるよ。ジャケットを羽織って、中間部分を見せるの。

もしくは胸元のラインが深いドレスを着てスケスケの部分を見せるスタイルでもOK。」

 

 

なので、

例えばこれ↓は、ランジェリー宣伝用の非現実的シーンの撮影ではなく、実際にこのような格好でイタリア人は出歩く、とのこと。

 

 

あと、これどうやって着るの?と聞いたところ、股の下にボタンがついてるらしい。(赤ちゃんのワンピースみたい、、)

 

 

色々解説してもらうたびに

 

「え! うっそ REALLY?!」

 

と衝撃を隠せない。

 

 

下着を。見せる、、。

コスプレでない普通の下着を。

あえて、見せる。

外界に向けて。意図的に、、。

 

 

 

 

イタリアには何回も来てるのに、初めてイタリア人の深層心理的サムシングに触れたような気分です。

下着とアウターの線引きが曖昧なんだなー。
 

、、、、これが昨日までのやり取り&所感。

 

 

 

 

 

で、今日。

 

 

叔母さん: 「メグー!   プレゼントあげる。  はいっ」

 

おお?

 

おお…!!!

 

 
「ずっと前買ったんだけど、ワタシだときつくて入らなくてね!  メグにはちょっと大きいかもだけど、あげる!」

 

 

 

「OH  なんてファンタスティコな!! Grazie Mille..!!       (なんか色々な意味ですごいもんもらっちゃったよ)」

 

 

 

 

あまりにもエキサイティングな出来事すぎて。

 

肝心の用途を確認するのを忘れてしまいました。

 

見た所、これは昨日説明してくれた「ジャケットを着て中の部分を外界に見せる」ものではなく、

どうみてもブラジャー内蔵型のスリップ、に見えるけど。

 

ひょっとしてそうじゃない可能性もなきにしもあら、、

なんて、無駄に考えすぎて思考回路と目が麻痺してきたので、また明日改めて聞いてみようと思います。

 

 

 

イタリア人のランジェリーとアウターの曖昧すぎる境界線。」への9件のフィードバック

  1. whitecatinny より:

    春頃に、アメブロからの切り替えについて相談させていただきました。お陰様で、移行がスムーズに終わり、快適なword press生活です✨詳細なアドバイスありがとうございます😊
    Megさんおすすめとこの記事に載っていたお店が、ニューヨークの5番街にもオープンしているのを見つけました!今から興味本位でのぞきに行ってみます(笑)

    いいね: 1人

    • コンソリーニ•恵 より:

      こないだブログ名ペンネーム合わせてみて、あっアメブロの白猫さんだ!!と随分遅れて気づきました。(鈍くてすみません、、)
      ワードプレスに移行されてさらにブログが素敵に進化されましたね!引っ越し成功おめでとうございます👏😊  そして登録をポチり。

      intimissimi オススメですー!  ちなみにニューヨークではビクトリアシークレットに走ってます:-) でもなぜかVSで保有してるのは長袖のパジャマが多いという謎。笑

      引き続きどうぞよろしくお願いします😆

      いいね: 1人

      • whitecatinny より:

        猫が大好きで、ペンネームも猫関連にしています!メールは個人のアカウントからさせていただいたのですが、ネット上ではペンネームのみなので、分かりにくくてすみません!でも照合いただけて嬉しいです😊
        ワードプレスへの移行、本当に恵さんが言うように一刻も早くした方がいいですよね!使い勝手の良さに感激しています✨

        intimissimi、あまりのタイムリーさにビックリしました。恵さんのブログを見ていなかったら素通りしているところでした。VS、安くて可愛いですが、質はやっぱり日本かもと思って、一時帰国のたびに日本で買ってます。

        ブログを通じて繋がれて嬉しいです😊恵さんの本音トークが大好きで、記事いつも楽しみに待っています。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします🐱

        いいね

      • コンソリーニ•恵 より:

        ねこ好き仲間ですね! NYは夫の出身地でこの先ずっと行き来する街になったのでこうして繋がれて私も嬉しいですー:-)  いずれ移住するはずの街でもあるので、リアルなニューヨーク情勢を知れてブログも楽しませていただいてます!❤️     来年の6月にFamily Reunionがあり渡米する予定なので、もしよかったお茶でも☕️

        いいね: 1人

      • whitecatinny より:

        私、恵さんの生き方や考え方がすごく好きで、前からずっとファンなので、そう言っていただけて嬉しいです😊 ネコ好きに加えて、実はサークルも一緒なんですよ〜。(私の方が卒業年は何年も早いですが!) 来年ぜひぜひお会いしたいです!!!

        いいね

  2. casumina より:

    こんにちは☺️イタリアに住んでいます。intimissimiいいですよね!それにしてもほんとにこちらの下着の捉え方、日本人にとっては驚きです。。レギンスを、それのみで着てお尻がプリンプリンなのもびっくりなのですが。。💦あと網タイツのみで歩いてる人も見かけたり。。チュールのスカートで中身が全部透けてたり。。見せることが喜びな感じで隠す着物文化とは正反対。。

    いいね

    • コンソリーニ•恵 より:

      こんにちは&いらっしゃいませ! (イタリア在住ですか、羨ましいです-✨) 

      >>網タイツのみで歩いてる人も見かけたり。。チュールのスカートで中身が全部透けて

      そこまでスケスケ見せ見せした世界なんですか、、笑  まだ目撃したこと無いんですが、今度行った時にヒューマンウォッチングして探してみます!^^

      レギンスといえば、CALZEDONIAも結構好きなんですが。買うデザインは全体から見たら比較的おとなしいものになってしまいます^^;

      いいね

      • casumina より:

        お返事ありがとうございます。
        今度ぜひ透け透けの女子見つけてみてくださいね!春夏は結構見つかりますよー。
        イタリアは街に下着のショップ、靴下ショップが多いですよね!carzedoniaも人気ですね👍

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中