私、夫、アメリカ人MBA保持者、そしてメキシコ人漁師

 

コンソリーニ家は夫婦共々、色々と仕事が忙しい週でした。

そんな中、二人の会話に度々でてきたのが、メキシコ人の漁師の話。

有名な小話なので、既にどこかで読んだ事のある人も多いかと思いますが、こんな話です:

 

 


メキシコの田舎町。

海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。 その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。

きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。

どうだい。すばらしいだろう」

、、、、この架空の漁師が、仕事ですごく疲労しているとよく私の頭の中に登場して、いろいろとささやいてくるんですよ。

 

 

夫は、ただいま金融業界に緊迫感が走る中(ボーナスシーズン真っただ中なので、沢山貰える見込みのある人、貰るかどうかわからない人、これからクビになるであろう人、既に水面下で転職活動している人等がお互い微妙な連帯感を感じつつも牽制し合っててピリピリしたムードが漂っている)今後の戦略を模索しており。

 

私の方も、

会社経営は、自分がやりがいを感じているから続けているのか、意地でなにかを社会に証明しようとしているのか、 はたまた単に生活がかかっているからなのか(←今のところ、うちは主に私の収入で生活をしていて、夫の収入はホリデーや投資、その他大きい買物に回している)わからなくなることが最近よくあるので

「自分は結局なにをどうしたいのか。」  ということに関して、考えさせられた一週間でした。
引き続きふたりで家族会議を重ね、脳内の漁師とも相談しながら

この先何年かを構想していくつもりです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中