「産ませる事が出来ないのか?」という視点

昨日のディナーの席にて、夫とその他数名の男友達の間で出た、子作りに関する興味深い話。

先月、都議会の「産めないのか」ヤジ騒動がトップ・ニュースになりましたが、

 

欧米人男性の間では、圧倒的に女性に対して 「産めないのか?」ならぬ、

 

同じ男性に対して

 

「産ませる事ができないのか?」

という視点が最大多数を占めている、、という見解が男性陣からでました。

 

 

要は、

 

「孕ませることができる」

 

イコール

 

「精力がある」「俺のアレの性能が優れている」「オスとして有能である」

 

という解釈だそうで、

(欧米系)男性の間では、女性を妊娠「させる」責任が自分にある、、という意識があると同時に、仲間内ではけっこう競争意識を刺激されるテーマだそうです。

 

なので、仮に男友達に 「子作りはじめたんだ」とうっかりアナウンスしてしまった場合、幸運にも短期間で授かれば、

 

「お前、やるじゃないか!!」と英雄扱いされ

 

あいにく授かるまでに時間がかかれば

 

「お前、もっと頑張らなきゃダメだろ。」 といじられるそうです。

 

 

「産めないのか」も「産ませられないのか」も、どっちも立派なセクハラになるとは思いますが、男性間のいじり方はジメジメ陰湿な感じがなく、さっぱりしてていいな、、、と思ったり。

 

 

さすがに女性間では

 

「まだ産まれないなんて、アナタ、女子力低いんじゃないの?」

 

、、といったハッパの掛け合いは絶対しませんね。 欧米でも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中