びっくり誕生日とラマ島

来週は、夫の誕生日です。

でも当日は出張でいないので、1週間前倒しして今週末お祝いします。

サプライズ嫌いな夫に、サプライズをまんまと仕掛けることに。

まず、彼の友達を秘密で招集してブランチ。

The Pawn

びっくり大集合!         びっくり喜ぶ夫。

 

そして、 ラマ島に泊まりに行きました。

「ローカルなロマンチックな逃避行(?)」というコンセプトです。

 

 

香港は263の島から成っているのですが、在住者としてもっと色々な島に親しむべきだ!と二人で誓ったもののタイミングが合わず、行きそびれていたのがこのラマ島。

 

ラマは、香港のビジネスの中心街からわずかフェリーで30分の、自然豊かな島。

 

そして香港の中でいちばん最初に人間が定住し始めた土地らしいです。

伝統的な漁村と多文化コミュニティが絶妙なバランスで共存しています。

ラマは車の乗り入れが禁止。

 

3階以上の建造物を立てるのも禁止。

30分しか離れていない香港島では天まで届く超高層ビルが密集しているのに。

琥珀屋さん

どこか別の国と時代に迷い込んだかのような錯覚に陥るラマ。

ゆるやかな時の流れを感じます。

 

商店街を突き抜けると

隣のトトロが出てきそう。

もはやジャングル

珍しい花に出会えるとハッピー

泊まったのは素朴なこの宿:
コンチェルト・イン  http://www.concertoinn.com.hk

 
注:すーーごく接客が適当。でも「島だからしょうがないかー」とユルッと割り切れる気分に慣れるのは島のヒーリングパワーかなと思う。

 

宿前のビーチ。 喧噪感がないところが良いです。

夫と二人で散歩したり、瞑想したり、昼寝したり、夢や愛を語ったりしながら都会の毒素をデトックスした週末でありました。

 

 

ところで、この誕生日男の夫。

 

彼は基本的に「なにかを知らない状態」「自分のコントロールが効かないこと」「事前に計画できないこと」に対して異様なくらいソワソワし始めます。

 

「どこ行くの?」

「もしかして九龍側いく?」

「家帰ってくるの夜遅い?」

「なにするの?  ヒントくれない?」

 

 

と出発前に結構うっとうしかったのですが、すごく喜んでくれたので質疑を一切無視し実施してみてよかったです。

 

 

 

びっくり大成功!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中