シンガポールの日本語マーケティング。

シンガポールは親日的なのでしょう。

街の至る所で日本語を見かけます。 特に食べ物のブランデイング関連。

サラリーマンご飯!!

Hearty meals for the humble worker ってキャプションが愉快。
訳:「つつましい労働者のたっぷりご飯」

 

渋谷トースト、、なぜ。

相撲サラダ

とくにこれなんて好き。

非常にひたむきな誠意が伝わってきません?