夫婦喧嘩の乗り切りテク。

たまにですが、夫婦喧嘩をします。非常に稀なことですが、どうしても許せなくて何日もウジウジ引きずることもあります。
(引きずっているのは私だけですが。   意外と傷つきやすいから。)
いずれにせよ、大した内容の喧嘩ではないので(例えば、、浮気とか暴力とかギャンブルといった類いのシリアスなことではなく、家事の手順とか物事のいいよう、、といった様なこと。) 客観的に見ると、ウジウジしているだけ時間の無駄であります。

 

 

そこで、ここ6ヶ月の新婚生活の中で、独自に編み出した

夫婦喧嘩を引きずらないためのテクニックが2つ。

 

 

 

 

まず、とことん気が済むまで話し合うのは前提として、
それでも自分の中でモヤモヤすっきりしない場合、

 

 

まず:

 

①結婚指輪・婚約指輪を見つめること。

 

じーーーーっと見る。ずーーーーっと見てる。

怒りが消えるまで。

 

多少怒っても、許せなくても、、指輪を見つめて、それをお互い交換した結婚式の日を思い出すように努めます。次第に愛情がよみがえります。

 

 

内側に「◯◯を一生愛する」と彫ってあるので、それも眺めて

「そうね、約束したわね。私の愛しい人。」

という思いに浸ります。


上:結婚 下:婚約(ver.2)

 

 

後、別の視点で

「夫は、今私に対してすごく理不尽なことを言っているように思うけれど、こんなに美しい指輪(1.5カラット)をプレゼントしてくれたのだから、本心としては私を愛しているに違いない」

等と自分に言い聞かせるのもよし。

 

 

 

そして次の手段として

 


②「夫がいなくなった」ことを想像する

 

と間違いなく効きます。

 

ここでいう「いなくなったことを想像」

「死んだとイメージする」というわけではなく、

 

 

「ある日失踪した」

 

とか

 

「10年位海外に単身赴任することになって帰ってくるまで会えない」

 

くらいのイメージで大丈夫です。

 

どんなにイライラしてても、怒ってても、許せなくても、

「もし明日から会えなくなったら、、」と思うと、想像してるうちに悲しくなって、許したくなります。

 

ちなみに、逆も可。

 

夫が私に対して怒っている場合

 

「でもダーリン、結婚指輪を見て。私たちのウェデイング•デイを思い出して」

 

とリマインドし

 

「 私のこと、今はとっても怒ってるけど、私が死んだらって思うとすごく悲しくなってくるでしょう?  ちゃんと具体的に想像してみて、私が死んだところを。」

 

 

と畳み掛けると、だいたいお互い丸く収まります。

 

お試しあれ☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中