ツバメの巣のデザート屋

テーマ:
仕事の、外回りの合間にお茶をするつもりで入った喫茶店。

メニューを見ると、なぜか、、



なんと全部にツバメの巣が入っています。

改めてお店の外に出て確認してみると、、


お店@ 『八方燕』コーズウェイベイ
http://www.openrice.com/english/restaurant/photos.htm?shopid=137541

どうやらツバメの巣づくし!というコンセプトのようです。

コーヒーを飲みに入ったのですが、どうしても気になったので頼んでみたのがこれ。



「マンゴとポメロとタピオカと燕の巣入りマンゴープリン」 
 

プリンの上に乗っているのが、燕の巣です。

先日の結婚式の時のように、やはり巣の部分だけだと寒天の味がしました。

でも、ポメロ(グレープフルーツの親戚)とタピオカはプッチプチしていて美味でした。

あっさりしているので、食べる予定がなかったおやつにもかかわらず、ぺろっとするっと食べられてしまいます。

変わり種だけどオシャレな雰囲気なところなので、友達が香港に来たら連れて行きたいようなお店でした。

でも、食べている最中にふと気になったことがありまして。

疑問:

1. ツバメの巣の工数はどのくらいなのでしょうか。(ニワトリは一日に約1回卵を産むそうですが)

2. 巣以外にも、ツバメの本体や卵は食べられるのでしょうか

それよりなにより


3. 巣を食用にとってしまったら、親ツバメどこの家に帰って寝るのでしょうか、、、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中